うつ病は治る

うつ病は治る うつ病は治る病気です。
性格の問題のように捉われがちですが、うつ病事態は脳の病気です。
脳の神経伝達物質がバランスを崩している状態です。
そこを改善すればうつ病は治るという事です。

うつ病で大切なのは、休息心理的改善です。
薬は必ず必要という訳ではありませんが、これらのどれがかけても改善に時間がかかったり、改善がみられないということになりやすいのです。

休息は、脳の働きを正常な状態に戻す準備にあたります。
うつ病になった環境を変えるという意味も有りますのでこれは必ず必要なステップになります。
休息を取らず薬などで症状を抑えているだけでは、うつ病が改善しません。
薬は、脳が正常に戻ろうとする手助けをします。
働きが弱った脳内神経伝達物質を上手に働かせるためのものです。
特効薬ではないので薬だけで治るというのは難しいことです。
そこで心理的改善が必要になります。
うつ病になるには理由が必ずあります。
人間関係のストレスや過労、人生観が影響する事もあります。
そこには、「その人の考え方」というものが必ず存在します。
同じ環境でもうつ病になる人とならない人がいるように、うつ病になる原因は個人差があります。
うつ病になりやすい方は、根本的な心理的改善が、本当のうつ病改善になります。

うつ病が治った後の問題は再発率です。
うつ病は60%が再発するといわれています。
再発を一度した人の再々発率は80%ともいわれています。
これは、うつ病が治っても同じような環境にいれば再発をしてしまうということです。
環境を変えられれば良いのですが、仕事や家庭のことを考えるとそうも行かない事も多いと思います。
再発をしないためにも、治ったあとの「心のトレーニング」は必要なのです。




お勧めサイト

うつ病診断チェック無料チェック
うつ病を克服したい方へうつ病克服へのヒント




次項 >> 【うつ病の事例


«トップページへ
« 戻る