うつ病の回復期

うつ病の回復期 うつ病の回復期とは、うつ病と診断され、薬の治療や心理療法の効果が出始める頃のことで、気分の落ち込みが減ってきたり、やる気が出てきたりする時期のことです。
そして、うつ病の回復で一番重要な時期でもあります。

うつ病の回復期は感情が不安定になっていて、今までは元気がなかった状態からある程度の活力が生まれると、落ち込み以外の感情も色々と出てきます。
うつ状態の人は、やる気が起きず、感情も鈍麻している状態です。
行動を起こすことすら出来ないのですが、回復期には行動もでき、感情も湧いてきます。
このときに、怒りや不安というような感情が大きくなると、自殺行為や周りへの暴力などに発展する場合があるのです。

回復期で重要なのは、無理をしないことと気負わないことです。
やる気や活力が出てきたからといって、急に薬をやめてしまう事もよくありません。
主治医とよく相談することが大切です。
周りの人も、早く回復させようとする行為には気をつけましょう。
段階的に回復していくのが理想です。
本人は、焦らないことです。
周りへの迷惑や、恥じらいはひとまず横に置いておくように心がけてください。
うつ病の回復期は本人が思っている以上に不安定で、その不安定さを自分が知ったときには更にショックを受けてしまいます。
元の状態に戻ってしまう可能性もあります。
誰もそれは望んではいないのです。

うつ病の回復期は、薬の服用を守り、徐々にやりたい事を行っていくことで、早期の回復に向かいます。




お勧めサイト

うつ病診断チェック無料チェック
うつ病を克服したい方へうつ病克服へのヒント




次項 >> うつ病を未然に防ぐ


«トップページへ
« 戻る