普段から気を付けたいこと

普段から気を付けたいこと うつ病にならないため、またうつ病を改善するためには日々心がける事がいくつかあります。

1,規則正しい生活を心がける
適度な睡眠、適度な運動、適度な食事は体の資本です。
特にうつ病の場合、体の不調から脳の神経伝達物質のバランスを崩す事があります。
ストレスのある環境でも、体の状態がよければ脳は正しい判断や思考が行える場合もあるのです。

2,自分の世界に引きこもらない
うつ病の方は、考えが一点に偏ったり、人との関わりを避けるようになってきます。
その状態が続くと、自分の思考や感情を冷静に判断できない状態になっていきます。
それが抑うつ状態につながっていきます。
その悪循環を避けるには、自分の世界観を広げる必要があります。
やった事のないことをやってみたり、人の考えを聞いてみたりする事は、自分の世界観を広げます。
そのような事が苦手な方もいるかもしれませんが、一歩踏み出す事も必要です。

3,自分の体からのSOSを無視しない
うつ病には前兆の症状があります。
体がだるい、眠りが浅い、楽しいことだった事が億劫になるなどは、最初のSOSかもしれません。
その時は、休息やリフレッシュをすることを心がけてください。
早め早めに対処をし、それでも良くならない場合は、医師に相談することをためらってはいけません。
「頑張りたいのに頑張れない」「頑張っているのに出来ない」という状態になる前に対処を行えれば、つらい環境でも乗り越えていけるかもしれません。




うつ病は身近な病気です。
ですが、日々のセルフケアで未然に防ぐ事が可能です。
生きる意味、頑張る意味をよく考えて、最善の行動を日々心がけてください。





お勧めサイト

うつ病診断チェック無料チェック
うつ病を克服したい方へうつ病克服へのヒント




次項 >> うつ病の回復期


«トップページへ
« 戻る