うつ病に関して

うつ病に関して うつ病は、本人だけでなく、身の周りの人にも大きく影響するものです。
本人の捉え方や周りからの接し方で改善への道のりが変わってきます。
特にうつ病は、本人が冷静な判断や思考が出来ない状態にあるケースがほとんどです。
また、本人が改善しようと頑張っても空回りをするだけで逆に症状を悪化させる事もあります。
周りのケアや医師のケアは大切なものになります。

また、うつ病には自殺というケースが考えられます。
脳の神経伝達物質のバランスが崩れることにより、「死」という選択をしてしまうことがあるのです。
これは、本人にはどうしようもない状況が、更に本人を追い詰め、最後の選択肢しかないと判断してしまうためです。
ですが、これはうつ病という病気のせいで、本人の本意ではありません。
本来、人というのは生きようとする生物だからです。

うつ病は周りの接し方にも注意が必要です。
社会的に認められていない部分もありますし、腫れ物のように感じる方も多いからです。
否定をしたり、叱咤激励をするのはうつ病を悪化させる場合があります。
また、うつ病に触れないようにするのは更に本人を孤独にさせてしまいます。
日々の適切な対処と、周りの協力があってこそうつ病の改善が望めるのです。


お勧めサイト

うつ病診断チェック無料チェック
うつ病を克服したい方へうつ病克服へのヒント




次項 >> うつ病の接し方


«トップページへ
« 戻る