うつ病の治療

うつ病の治療 うつ病の対処には、薬物療法・精神療法・科学療法などが行われます。
基本的には、心療内科で診断を受けると、抗うつ薬が処方され当面の症状改善を行います。
病院によってはカウンセリングを行える所もありますが、主に問診と処方のみとなるケースが多いようです。

うつ病の心理療法には、認知行動療法が有効とされています。
心療内科で受ける認知行動療法には保険が適応される場合もあります。
民間のカウンセラーが行う認知行動療法もありますが、保険の適応外となります。

最近では、機器による治療も行われています。
脳波の測定で診断を行うという事も行われてきているのでうつ病の診断がより正確なものになってきています。

うつ病の対処には早期発見・早期対処が望まれます。
うつ病を患った場合、本人はそれを認めようとせず悪化をさせる事が多いからです。
軽度の場合は薬物療法よりも心理療法の方がリスクが少ないので、カウンセリング優先したほうが良いでしょう。

どのような病気もそうですが、初期症状を敏感に察知し正しい対処を行う方が回復も早くリスクも回避できます。


お勧めサイト

うつ病診断チェック無料チェック
うつ病を克服したい方へうつ病克服へのヒント




次項 >> 薬物療法


«トップページへ
« 戻る